夢のマイホームを手に入れる|良い工務店の探し方と家づくり流れ

女の人
  1. ホーム
  2. 他とは違う住宅を

他とは違う住宅を

一軒家

最近、不動産や建築関係でよくデザイン住宅との言葉を聞きますよね。このデザイン住宅では独自のデザイン性が特徴で、他の住宅とは一味違う家を建てることが出来ます。「自分のイメージ通りの家を建てたい」「資産価値のある家を建てたい」と強く希望する人に向いているのがデザイン住宅になるでしょう。デザイン住宅には数々のメリットがあります。そのうちの1つに狭小地など、特徴のある土地への対応力が高いことがあげられます。一般の工務店やハウスメーカーノイエは、ある程度規格があって、そのアレンジで家を建てることが一般的です。そのため、狭小地のような土地自体にクセがある場合は対応力に欠けてしまいます。その点、建築家が一棟一棟設計を行なうデザイン住宅では、色々なクセを持っている土地に対して強いことは大きなメリットと言えるでしょう。狭い土地でもいかにこだわりや要望を実現させて家を建てるか、との工夫を見せてくれます。

デザイン住宅と聞くと、オリジナル性あふれる家を建てるからその分予算もかかってしまうと思われがちですが、意外とコスト面でもメリットがあります。デザイン住宅では予算に対して真摯に相談に乗ってもらえる可能性が高いです。意外に使用する資材や設備で削れるコストは思ったより多くあります。ですので、予算を気にしている場合でも色々とアドバイスをくれて理想に適している代替え案を出してくれます。これは規格として定められていないからこそ行えるワザでしょう。家を建てる側のこだわりや希望をしっかりと把握したうえで、それを実現するための道を探ってくれるのがデザイン住宅の強みです。